宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ペンタとぼく」 にぎりすしさんの声

ペンタとぼく 作:長谷川 摂子
絵:アンヴィル奈宝子
出版社:福音館書店
本体価格:\0+税
発行日:2000年
評価スコア 4.08
評価ランキング 22,161
みんなの声 総数 12
「ペンタとぼく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • トランポリンごっこの楽しさ 擬音語が効果的
    あさは いつ くると おもう?  詩的でステキな「あさー」との出会いいいですね
    やったやった!!  楽器あそび おちゃわんや 鍋 たたいて
    ハトロン紙を唇に当てて 口がふるえて 音をたのしんだな〜
    飽きずに遊んでいました

    水たまりを のぞいて ものすごく ふかい。 空があるなんて詩的な表現でしょう
    この気持ち 子どもならではの感覚です すごいな〜
    こんな感性はこどもの 純粋さですね!

    あるある  ジュースのはねているの ほっぺに こんなことしたな〜
    なつかしい!  

    だいこん 赤ちゃんは なんて可愛いんでしょう チュしてる 愛がいっぱいです
    ママの愛をいっぱい受けた子どものならではですね  かわいい!

    ふとんのおひさまのにおい かいで育つなんてすごいなあ〜! 
    しあわせ〜  自然と一体になれますね

    イヌのペンタとぼくの 楽しい遊び 子どもらしくて 大好きです

    大人の私も 懐かしんで読ませてもらえました

    投稿日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ペンタとぼく」のみんなの声を見る

「ペンタとぼく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / そらまめくんのベッド / だるまちゃんとてんぐちゃん / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.08)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット