貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

やもじろうとはりきち」 Pocketさんの声

やもじろうとはりきち 作:降矢 なな
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年10月10日
ISBN:9784333027668
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,766
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く
  • それぞれの良さに気づける

    表紙を見るだけでは、可愛い絵本だなという印象。
    でもストーリーはたくさんのことを考えさせてくれる可愛いだけではない素敵な絵本でした。

    やもじろうとはりきちは見た目も違うし、特技も性格も違う。
    走るのも木登りも出来ないはりきと友達を辞めると断言するやもじろう。

    はりとばして転がっても・・大丈夫だよと笑っているやさしいはりきち。

    きっと、やもじろうもわかっているんです。はりきちがかけがえのない友達であることを。

    でも、やもじろうが猫に狙われそうになってしまう時に助けてくれる優しいやさしいはりきち。
    はりきちはとげとげしている背中を持っているけど・・本当に心が優しい。

    人間も同じ。見た目で判断してはいけませんね。
    人のいいところに気づける絵本だと思います。
    みんな違って当たり前。それぞれにそれぞれの良さがあるんだもの。

    きっとやもじろうとはりきちはこれからもずっと良い友達でいられるでしょうね。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「やもじろうとはりきち」のみんなの声を見る

「やもじろうとはりきち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット