話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

小さなスズナ姫1 小さな山神スズナ姫」 ガーリャさんの声

小さなスズナ姫1 小さな山神スズナ姫 作:富安 陽子
絵:飯野 和好
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1996年03月
ISBN:9784035283102
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,819
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く
  • 神様の使いになりたい

     少し前までの娘の夢は、「ケーキ屋さん」や「お花屋さん」でしたが、最近は、「獣医さんになって、たくさんの動物を助けてあげたい」と言うようになりました。そして、「その後は、神様の使いになりたい。みんなを守ってあげたいから」・・・そんな娘のために読んであげた1冊です。

     娘は、自分がスズナ姫になったかのように、今にも空を飛びそうなくらい生き生きとした目で、スズナ山の自然や動物たちを見つめていました。

     富安さんのお話に出てくる登場人物は、神様でもやまんばでも、本当に豪快で(!)エネルギッシュで、生きる力に満ちあふれています。「まゆとおに」のまゆも、「やまんばあさん」も、スズナ姫も、世の中をぱあっと照らしてくれる元気の源のような存在。

     娘も、共感する部分がたくさんあるようで、どの主人公も大好きです。特に、スズナ姫は、自分と歳が近いこともあって(300歳なのですが、人間で言えば6歳くらいなのだそうです)、応援したくなるんだろうな、と思います。

    投稿日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「小さなスズナ姫1 小さな山神スズナ姫」のみんなの声を見る

「小さなスズナ姫1 小さな山神スズナ姫」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / いないいないばあ / はじめてのおつかい / くだもの / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット