しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

小さなスズナ姫1 小さな山神スズナ姫」 てぃんくてぃんくさんの声

小さなスズナ姫1 小さな山神スズナ姫 作:富安 陽子
絵:飯野 和好
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1996年03月
ISBN:9784035283102
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,178
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • 教科書に載せて欲しいおはなし

    小さなスズナ姫シリーズで、複数冊出ています。これが一番始めのお話。
    おもしろくてドバーッとまとめて読めてしまえます。回を重ねるごとにおもしろくなることウケアイ。

    NHKの番組で羽野亜紀さんが読み語りをしていたのを見て、それがとってもおもしろかったというのが出会いです。

    読んで驚いたのが、自然描写が活き活きと美しいこと。つい読んでる方もスズナ山が大好きになってしまいます。
    そして立ち止まるということを知らない、行動力に満ちた、なんともポジティブな新米山神 スズナ姫。かなり無鉄砲かと思われますが、それゆえにぶちあたる障壁をも その勇気と実行力でずんずん越えていってしまいます。
    その頭の回転の早さにはびっくり。私に絶対的に欠けているものを余すことなく持っていて、ちょっと羨ましくなったりも。

    自然が織りなす営々たる四季を、本当は山神様が治めていてね、虹の光絵の具で葉っぱを赤く染めたり、大晦日に雪を積もらせてお正月に晴れるように(実際 元旦は晴れていることが多い気がしますね)雲払いをなさっているんだよ。そうして滞りなくバランスよく四季が流れるよう心を砕いてらっしゃるんだよ。
    八百万の神を感じられる(はずの)日本の自然の素晴らしさを、こんな易しい神話で子供に語りかけてみませんか。
    言葉回しが巧妙で情景を思い浮かべやすく動きもあるので、小学生ぐらいなら読み聞かせにも向いていると思います。もちろん大人が読んでも純粋に楽しめると思います。
    教科書に載せて欲しい気もする。いいお話だ。。。

    掲載日:2007/01/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「小さなスズナ姫1 小さな山神スズナ姫」のみんなの声を見る

「小さなスズナ姫1 小さな山神スズナ姫」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / くだもの / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / もりのこびとたち / おふろじゃおふろじゃ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 4
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 0

全ページためしよみ
年齢別絵本セット