すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
てつじんこさん 30代・ママ

遊びかた無限大
5歳の息子が楽しめそうだと思い購入しま…

宮沢賢治の絵本 貝の火」 レイラさんの声

宮沢賢治の絵本 貝の火 作:宮沢 賢治
絵:おくはら ゆめ
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2017年10月17日
ISBN:9784895881371
評価スコア 4.09
評価ランキング 19,827
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く
  • おごりの愚かさ

    宮沢賢治の奥深い童話を体感してみようと読んでみました。
    既読のような気もしますが、あまり記憶になかったので、新鮮な印象です。
    ウサギの子ホモイは、ある日、ひばりの子を命がけで助け、
    ヒバリの親子から「貝の火」という宝珠をお礼にもらうのですね。
    不思議な輝きを持つ「貝の火」。
    でもそれは、心の在り方をも映していたのですね。
    ホモイが日常生活でおごりを持つ過程が丁寧に描かれます。
    人間の弱さでしょうか。
    キツネという、悪の誘いがあったにせよ、ホモイの顛末には心が痛みます。
    おくはらゆめさんの絵は、賢治の文章が紡ぐ豊潤な色彩をそっと支えてくれます。
    奥深いです。
    小学生高学年ぐらいから、じっくり考えてほしい作品だと思います。

    掲載日:2018/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「宮沢賢治の絵本 貝の火」のみんなの声を見る

「宮沢賢治の絵本 貝の火」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 10

全ページためしよみ
年齢別絵本セット