宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おかしなめんどり」 てんぐざるさんの声

おかしなめんどり 作・絵:林 なつこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年11月10日
ISBN:9784790253389
評価スコア 4
評価ランキング 21,154
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • ひよこのきょうだいが生まれてます。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    “めんどり”“ひよこ”“たまご”は小さなお子さん向けの手遊びなどにもよく登場するキャラクターなので、
    導入の手遊びが選びやすくなるし、子どもたちに絵本を読んであげるのが1冊だけ。というのはなかなか珍しいことなので、
    いくつか読んであげる絵本を“たまご”とか“ひよこ”とかテーマでくくってあげると、面白いと思いました。

    頓知的な展開を見せる作品ですが、
    何度も読んであげることで、作品の全体のテンポやキャラクターの動きを楽しめると思います。
    本を読み終わったら、裏表紙をしっかり見せてあげてほしいです。
    たまごだった子が孵って、ひよこのきょうだいが生まれてます。

    投稿日:2018/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おかしなめんどり」のみんなの声を見る

「おかしなめんどり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット