こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

おじいちゃん」 ヒラP21さんの声

おじいちゃん 作・絵:梅田 俊作 梅田 佳子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年11月
ISBN:9784591156285
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,173
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • 人が死ぬということ

    人が死ぬということはどういう事なのだろう。
    友だち、兄弟、親、祖父母、それぞれに感じ方は違うだろうけど、おじいちゃんは、家族、親戚の中で、ちょっと距離感があって、そうかといって親しみを持っていて、思い出に溶け込んでいくような感じかもしれません。
    人が死ぬということは悲しいけれど、いつかは通過しなければいけません。
    せめて、いつまでも忘れずにいて欲しいですね。

    投稿日:2018/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おじいちゃん」のみんなの声を見る

「おじいちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ノンタンはみがきはーみー / Chocolat Book(5) ショコラちゃんのレストラン / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット