くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

おーい でてこーい/鏡のなかの犬」 さちころ。さんの声

おーい でてこーい/鏡のなかの犬 作:星 新一
絵:中島 梨絵
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年11月
ISBN:9784895881395
評価スコア 4.15
評価ランキング 18,756
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く
  • 6年生の読み聞かせ 受賞レビュー

    6年生の読み聞かせで
    「おーい でてこーい」の方のみ使用しました。
    星新一さんの作品は、私が小学校の頃
    国語の教科書に載っていて、世にも奇妙な物語的な
    終わりが印象的で
    ぜひ現代の6年生にも読んでもらいたくて選びました。
    「おーい でてこーい」のラストはゆっくりと。
    感想は言わず、「はーっ!」とちょっと息を飲む感じで終わりました。
    ハラハラを共有できて、有意義な時間でした。

    そして、「鏡のなかの犬」も気になりますね!
    続きは、ぜひ皆さんで読んでみてください。
    と付け加え、
    「おーい でてこーい」の少し怖い終わりも緩和されたと思います。
    本を片付けながら、
    この原作は今から約60年前に書かれたこと、
    それが現代でも通じるという星新一さんの創作の凄さに少し触れました。
    現代の日本も、捨てる事、面倒な事は後回し、
    原発で汚染された土の処分に困るとか、
    もし、この「穴」があれば、たくさんの物を捨てたでしょう。

    読み聞かせの後、
    担任の先生からも、「今、ちょうど社会の学習に通じて、良かった」と
    感想をいただきました。

    読書への興味、これからの日本社会、どちらの面からも
    子どもたちに訴えられる、伝えられる、1冊だと思います。

    掲載日:2018/03/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おーい でてこーい/鏡のなかの犬」のみんなの声を見る

「おーい でてこーい/鏡のなかの犬」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

どうぞのいす / キャベツくん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いっしょにするよ』風木一人さん・たかしまてつをさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット