貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

雲の森のマーカス」 ピンクちゃんさんの声

雲の森のマーカス 絵:なつのはむと
文:松井 亜弥
出版社:創藝社
本体価格:\1,500+税
発行日:2017年10月17日
ISBN:9784881442395
評価スコア 4.19
評価ランキング 17,761
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く
  • 冒険ってやっぱり良い! 受賞レビュー

    まず絵がとっても綺麗で吸い込まれそうな空や木々の間から降り注いでいる太陽の光がとても印象的でした。

    うちの子供はTTが「行ってきま〜す!」と言って手紙を持ってマーカスのところにおつかいに行くシーンと表紙の絵がとっても気に入っているみたいでした。

    こんな森が本当に有ったら良いのにね、とうちの子は言っていましたが、本当に飛行機に乗って大空が飛べたら気持ちが良いだろうね、と子供と話が盛り上がりました。

    私も昔子供の頃にこういった冒険物語はよく読んだりテレビで見たりしていましたが、最近は全くこういった冒険物語が少なくなった気がして、テレビでも絵本でもなかなか見かけなくなった気がします。

    絵本もとっても読みやすく、小さな子供でも文字数が少なめなので自分ひとりで読んだりも出来そうなので、その点も気に入っています。また、読み聞かせの絵本として利用しても子供が眠った時に冒険の夢を見そうな感じもして楽しいかなと思いました。

    うちの子はまだまだ怖がり屋さんで冒険家とは全く逆の性格なのですが、こういった冒険心をしっかりと持った子供になってくれたら良いな、と思います。TTと一緒にこの絵本を通じて冒険心を持ってくれたらな、と期待しています。

    絵もすごく透き通った感じで素敵だし、お話もワクワクして楽しいので、冒険大好きな子も、そうでない子にもとってもオススメです。

    掲載日:2018/01/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「雲の森のマーカス」のみんなの声を見る

「雲の森のマーカス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.19)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット