宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

髪がつなぐ物語」 Tamiさんの声

髪がつなぐ物語 著:別司芳子
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年11月30日
ISBN:9784580823150
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,253
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • まずは知ることから。

    ヘアドネーションとは、
    病気などで髪が生えてこない子どものために、
    31センチ以上の髪の毛を寄付する活動。
    一人分のウィッグを作るのに、30人分の髪の毛が必要で、
    今現在髪の毛が足りず、
    ウィッグを待っている子供たちが全国にたくさんいるのです。
    1年くらい前にネットでヘアドネーションの記事を読み、
    私自身もヘアドネーションをしてみようと現在伸ばしています。
    この本では、
    ヘアドネーションを始めた美容師さんへの取材、
    髪を寄付した人への取材、
    そして髪を受け取ったあとのウィッグを作る過程や、
    ウィッグを受け取った子への取材。
    まさに髪がつなぐ物語が、丁寧に書かれています。
    髪を伸ばして寄付した子のなかには、
    小学生の男の子もいて、
    彼の芯の強さには涙が出そうになりました。
    何事も知ることが大事。
    知ったときに、自分には何ができるのかなと行動に移す人が増えていくことを願います。
    小学校高学年くらいから読めます。

    投稿日:2019/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「髪がつなぐ物語」のみんなの声を見る

「髪がつなぐ物語」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / はじめてのおつかい / どうぞのいす / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット