へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

たぬきがのったら へんしんでんしゃ」 ラムネ色さんの声

たぬきがのったら へんしんでんしゃ 作・絵:田中 友佳子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2017年11月30日
ISBN:9784198645199
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,412
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く
  • やはり平凡なもとのでんしゃがよい?

    でんしゃさん、奥ゆかしい執事さんのような
    しゃべり方で、性格がよく出ていると思いました。
    でも、次々と、妖怪が現れたり、線路が大変なことになって
    たぬきの団体さんがいなかったら 困ったことになっていたかも。
    だんだん変身になれて、元のでんしゃは退屈だと思ったり、
    とてもこわい思いをして、やはり平凡なもとのでんしゃがよい
    と思ったり、これは人の心理を突いていますね。
    たぬきさんたち、あっぱれですが、次はキツネさんたちのばんです。
    今度はどんな冒険になるのでしょうね。

    投稿日:2018/01/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「たぬきがのったら へんしんでんしゃ」のみんなの声を見る

「たぬきがのったら へんしんでんしゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

うんちっち / いろいろバス / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット