新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

きんのねこ」 ガーリャさんの声

きんのねこ 作:八百板 洋子
絵:平子真理
出版社:福音館書店
本体価格:\390+税
発行日:2006年11月
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,740
みんなの声 総数 22
「きんのねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 東西を問わず

    ベラルーシのお話を読むのは初めてのことですが、民族的には、夫の祖国に非常に近い国のお話で、興味深く読みました。うちでは、ちょうど数日前に、おなじく「こどものとも」の「こしおれすずめ」という日本の昔話を読んだばかりでしたので、正直者のおばあさん(「きんのねこ」のほうは老夫婦)と、欲張りないじわるばあさん(隣の夫婦)という設定と、その結末の対比がおもしろく、東西を問わず、世界中で似通った話が語り継がれていることに、昔話のすばらしさを再認識する思いでした。昔話のよさというのは、子どもの心にもストレートに伝わるところだと思います。娘も、この本を読んで、「欲張り」という言葉と、その意味も知り、いつも娘に対して、「自分からプレゼントをほしいと求めたり、何かもらっても、こんなものつまらない、とか、もっとほしい、なんて言わないで、どんなものでも、うれしいな、ありがとう、という気持ちで、大切にするんだよ」と言っていることとつながったようで、私がくどくどと口をすっぱくして言うよりもインパクトがあったみたいでした!お話の最後に、「もっと大きなお屋敷をくれ」と求めた欲張り夫婦の家が消え、粗末な小屋になってしまうのですが、娘は、「こしおれすずめずめ」のラストシーンと結び付けたのか、「欲張りな人は、シロアリさんがいっぱい来て、おうちも食べちゃうよね!」と言ったのには、笑ってしまいました。

    投稿日:2008/07/18

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「きんのねこ」のみんなの声を見る

「きんのねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット