あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

にんじゃなんにんじゃ」 ムスカンさんの声

にんじゃなんにんじゃ 作・絵:中垣 ゆたか
監修:山田 雄司
出版社:赤ちゃんとママ社
本体価格:\1,200+税
発行日:2017年12月
ISBN:9784870141315
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,071
みんなの声 総数 37
「にんじゃなんにんじゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • だじゃれの絵本じゃないよー! 受賞レビュー

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    7歳の娘と読みました。

    のつもりが、いつの間にかサササッと忍者のごとくやってきた
    11歳長男がガチで参戦!

    にんじゃなんにんじゃ。

    というタイトルから、ははーんダジャレの絵本だな、と思い
    7歳娘と読み始めたのですが、
    いやいやいや、
    にんじゃに関するあれやこれやの知識がたくさんつまった、
    図鑑のような絵本であります!

    日本人を40年近くやってきて、忍者なんて知ってるよ。
    と思っていたのですが、
    「くのいち」が実は実在しなかったことや、
    忍者は昼間は主に農民だったこと(二束のわらじだったのですね!)、
    そして、「すいとんの術」って実はあんなワザだったとは!
    私も知らないことが多くて、11歳長男と興奮気味に最後まで読ませていただきました。

    巻末には歴史上の、そして架空の有名な「忍者(かもしれない)達」
    が紹介されていて、ここでも散々盛り上がりました。

    親子でとっても勉強になり、また大いにワクワクさせていただいた一冊でした☆

    投稿日:2018/06/25

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「にんじゃなんにんじゃ」のみんなの声を見る

「にんじゃなんにんじゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本


ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!【座談会】編集者・松田素子さん、絵本ナビ編集長・磯崎園子、絵本ナビライター・大和田佳世

全ページためしよみ
年齢別絵本セット