新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

さよなら、おばけ団地」 てんぐざるさんの声

さよなら、おばけ団地 作:藤重 ヒカル
絵:浜野史子
出版社:福音館書店
税込価格:\1,540
発行日:2018年01月15日
ISBN:9784834083835
評価スコア 4
評価ランキング 30,688
みんなの声 総数 1
「さよなら、おばけ団地」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 古き良き日本の童話のようでいて、新しい

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子18歳

    ぜひたくさんのお子さんたちに手にしていただきたい良質の児童書です。
    日本のファンタジー童話の草分け的作家さんとして、
    わたしは安房直子さん、あまんきみこさん、末吉暁子さん、神宮輝夫さん、佐藤さとるさんなどを上げたいと思っているのですが、
    この「さよなら、おばけ団地」の文体や舞台設定からは、これら作家さんたちの創り上げてきた、日本のファンタジー(童話)世界ととてもよく似たものを感じました。
    それでいて各章は、「おくりっこ」「黒マントの男」「白い手」「十三号住宅」「4号棟への手紙」など、都市伝説を思わせるようなタイトルになっています。

    古き良き日本の童話のようでいて新しい、不思議な世界観がなんともいえず素敵です。

    また、字は小さすぎず、行間も程よい開きがあって読みやすいです。
    「おばけ団地」こと「桜が谷団地」内で起きる不思議な事件。
    各章で主人公(語り手)は変わりますが、基本この桜が谷団地に住んでいる人または住んでいた人と、かかわりのある人たちによる証言が描かれているので、どんどんお話に引き込まれていきました。

    怖いはなしが好きな人、不思議な話が好きな人、どちらにもお薦めです。
    小学校4年生くらいからいかがでしょうか?(登場人物のメインの子たちが小4なので)
    特に「黒マントの男」が私は好きです。
    時代を超えて語ってくれる部分もよいし、最後のオチの部分もやられた!って感じによかったです。

    投稿日:2018/05/18

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「さよなら、おばけ団地」のみんなの声を見る

「さよなら、おばけ団地」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました


2022年この夏読みたい絵本・児童書 レビューコンテスト

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット