貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

としょかんへ ぴょん! ぴょん! ぴょん!」 レイラさんの声

としょかんへ  ぴょん! ぴょん! ぴょん! 文:アニー・シルヴェストロ
絵:タチアナ・マイ=ウィス
訳:福本 友美子
出版社:絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2017年09月16日
ISBN:9784864841221
評価スコア 4
評価ランキング 24,374
みんなの声 総数 1
「としょかんへ  ぴょん! ぴょん! ぴょん!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 素敵なブックポスト

    原題は『Bunny’s Book Club』。
    本文を読んでいて、私だったら、題名は、
    絵に描かれた「Bunny’s Book Club」だなあ、と思っていただけに、
    原題を確認して、嬉しかったです。
    もちろん、福本友美子さんの意訳も、これはこれで味わいがあります。
    本の大好きなうさぎが主人公。
    そのきっかけが、図書館の外でのおはなし会というから、いいですね。
    ところが、夏が終わって、館内のおはなし会となり、
    図書館に入れないうさぎのとった行動がすごいです。
    夜間、ブックポストから図書館に忍び込むとは!
    さらに、つられて動物たちも、という展開が愉快です。
    もちろん、気づいた図書館員さんの対応も素晴らしいです。
    図書館の決まりについても、学ぶことができますね。
    なにより、読書の楽しさいっぱいで幸せ気分でした。
    小学生くらいからでしょうか。

    掲載日:2018/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「としょかんへ ぴょん! ぴょん! ぴょん!」のみんなの声を見る

「としょかんへ ぴょん! ぴょん! ぴょん!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「がまくんとかえるくん」シリーズ 三木卓さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット