あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」

鬼ぞろぞろ」 ホートンさんの声

鬼ぞろぞろ 作:舟崎 克彦
絵:赤羽 末吉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1978年
ISBN:9784039630407
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,996
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • 弱くても極悪人にはなれない人の心

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子5歳

    鬼につばを吐きかけられたために透明人間になってしまった男が、普通の体に戻りたいと観音堂にこもっているうち、人の物を盗むことを覚え、どんどん悪事をはたらきます。あれれれ、観音様に願いことをしてて、そんなことしていいの? 「これで観音様に普通の体にしてもらえれば、大金持ちだ」なんて、都合が良すぎない? 人間って弱いもの、自分の都合のいいように考えるものなんですね。でもこの男は、最後の一歩で踏みとどまります。偉い!良心を失わなかった!とほめていいものかどうかわかりませんが、えてして凡人はつい悪の道にはまってしまうもの、それを鋭く指摘した珍しい昔話(絵本?)だと思います。最後に悪に転がる「くもの糸」の逆バージョンですから、人間性善説かな。

    投稿日:2006/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「鬼ぞろぞろ」のみんなの声を見る

「鬼ぞろぞろ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / くだもの / おこだでませんように / ぶたぶたくんのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット