新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

ジャックと豆のつる」 はなびやさんの声

ジャックと豆のつる 作:ジェイコブズ
絵:飯野 和好
訳:佐藤 凉子
出版社:三起商行(ミキハウス)
本体価格:\1,500+税
発行日:1988年
ISBN:9784895882040
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,061
みんなの声 総数 7
「ジャックと豆のつる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 豆を食べればいいのに

    「ジャックと豆の木」と思ってきましたが「つる」という本もあるんだあなと思いました。

    以前、片山健さんでこのお話を読んだことがあり、ジャックが牛を豆に代えてしまったことを激怒するおかあさんの顔が怖かったのですが、このおかあさんの顔も怖かったです。

    牛を豆に代えられたらそれは怒りますよね。

    人喰い鬼の格好がロッカー風だなあと思いました。耳輪、腕輪、指輪などをしていてなかなかおしゃれだからです。

    一度目は仕方がないにしても、二度目三度目もよくジャックは人喰い鬼のところに行ったものだと思います。

    人喰い鬼の報復を思ったらとても怖いですよね。

    息子が、育った豆を見て、「こんなに豆があるんだから豆を食べればいいのに」と言いました。

    しばらくは、飢えが防げそうです。今までこの話を私も何度も読んだことがありましたが、そんなことを考える息子にびっくりしました。

    投稿日:2009/09/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ジャックと豆のつる」のみんなの声を見る

「ジャックと豆のつる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ねずみくんのチョッキ / ピヨピヨ スーパーマーケット / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / くだもの / おおきなかぶ / からすのパンやさん / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット