アンジェリーナ おねえさんに なる」 はなびやさんの声

アンジェリーナ おねえさんに なる 作:キャサリン・ホラバード
絵:ヘレン・クレイグ
訳:おかだよしえ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784062830058
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,334
みんなの声 総数 16
「アンジェリーナ おねえさんに なる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 子どもの心を感じる良いヒント

    アンジェリーナの家に赤ちゃんが生まれます。上の子にとっては、親からの自分への愛情への危機な訳で、楽しいことばかりじゃないということ。

    お姉ちゃんの悲哀がよくわかります。

    子育てや母乳のことでよく相談に乗っていただいた助産師さんが「下の子が生まれたら、まず上の子のことを先にしてあげて」と言っていたことを思い出しました。

    上の子は物心ついているだけに、親が自分へ関心があるか?どうかわかりますからね。悲哀はありますが、アンジェリーナのうちは素晴らしい家族です。下の子が生まれて上の子の対応に困っているという親御さんには、子どもの心を感じる良いヒントが含まれたお話だと思います。

    投稿日:2008/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「アンジェリーナ おねえさんに なる」のみんなの声を見る

「アンジェリーナ おねえさんに なる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット