宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ニャンコどこいった?」 ぐるさんの声

ニャンコどこいった? 作・絵:よこただいすけ
出版社:少年写真新聞社
本体価格:\1,400+税
発行日:2018年06月
ISBN:9784879816399
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,660
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く
  • ねこ飼いあるある的な 受賞レビュー

    • ぐるさん
    • 40代
    • その他の方
    • 愛媛県

    ねこ好きの息子と読みました。
    大ウケ〜!
    ねこって、こんなふうに考えてるんだぁ。
    こんな行動するよね、って。
    ニャートンプーは幼いころの息子そっくり。
    いろいろな意味で楽しめました。

    動物がいると子育てが楽になるような気がします。
    癒されるだけでなく、動物との関係で子どもが社会性を学んでくれるから。
    優しさや、思いやり、待つこと、期待にこたえること。
    ねこと一緒の育児、お勧めしたいデス。

    投稿日:2018/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ニャンコどこいった?」のみんなの声を見る

「ニャンコどこいった?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぼくと おおはしくん / つきよのかいじゅう / ぐりとぐら / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わたしのおかいもの
    わたしのおかいもの
    作:株式会社アーク・コミュニケーションズ 絵:わたなべ ちいこ 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★女の子の「大好き」を詰め込んだバッグ★ デパートでのお買い物を楽しめる、バッグ型ワークブック


「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット