新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

からねこさま」 にぎりすしさんの声

からねこさま 文:箕田 源二郎
絵:和田登
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1979年01月
ISBN:9784337002135
評価スコア 4
評価ランキング 28,333
みんなの声 総数 1
「からねこさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 大昔の話だ
    北の海の島に 大きな 大きな ねこがすんでいた

    ある年  海から離れたところに 村人たちが住む村があり  土地も肥えて 安心してのんびり暮らしていたが  ネズミが大量に発生して 田畑が荒らされ あかごまで食われる おそろしいことがおこった
    そこで村人は   からねこの島へ行き 酒に酔わせて ねこを島に連れてきた   
    からねこは  ネズミの大群を追いかけて 南の湖 まで追いつめた
    ねずみは 湖に流された
    からねこは  ギャオーギャオーとほえたてていた
    村人たちはその からねこが恐ろしくて 撃ち殺すことに決めた
    ねずみをたいじしてもらっら事などすっかり忘れて
    自分たち人間に事だけ考えていた
    そしてからねこを ころし大きな塚に埋めたんだ 
    でもその塚から不思議なことが怒り 大きな樹が天までのびていった
    お日さまを遮るほどに  そこで こんどは 焼き払うのです
    炎が 天に伸びおってくるような 恐ろしいことになった

    そんなとき 一人の女の子が 
    ♪ からねこ からねこ ざんぶらさ  
      海の島に かえりたかろうェー
      ほろほろ ほのおも  かなしかろうェー   ♪
    こんな歌を歌っていたのです    村人たちはやっと 自分たちの身勝手さに 気づきました
    「からねこさまー」涙して詫びました 
    こんな昔話に じーんときます
    人間の身勝手な心    心しないとと思いました

    投稿日:2018/01/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「からねこさま」のみんなの声を見る

「からねこさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット