宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おむすびころりん」 にぎりすしさんの声

おむすびころりん 文:望月 正子
絵:村上 豊
出版社:世界文化社
本体価格:\476+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784418058464
評価スコア 4
評価ランキング 24,848
みんなの声 総数 1
「おむすびころりん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • おむすびころりんのお話は たくさんあります
    昔話はおもしろいなあ〜
    このえほんのじいさまは おむすびを穴の中に落とし  歌が聞こえてくるのを聴きたくて・・・・
    ふろしきも  「ふろしき ころりん すってんでん」 てぬぐい たばこもいれて こんどは 自分がころころころがったと

    隣のじいさまは 無理やりおむすびを入れて  むりやりあなをほって とびこんだ  そしてはやく こばん 土産がほしいと 「そして にゃーご!」とないた  あたりは真っ暗 じさまが  地面の中を あっちほり こっちほりしているうちに   もぐらになってしまったんだと

    村上勉さんの絵があいきょうあっていいですね〜
    とっぴん ぱらりの ぷう

    投稿日:2018/02/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おむすびころりん」のみんなの声を見る

「おむすびころりん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット