ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。

月へいったうさぎ 九月」 snowdropさんの声

月へいったうさぎ 九月 作:谷 真介
絵:赤坂 三好
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1991年
ISBN:9784333015320
評価スコア 4.11
評価ランキング 19,590
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • うさぎの思いに泣きました

    昨年は1〜4年生に読みました。今年は1年生に、十五夜を前に読めなかったので十三夜の前に読みました。 
    さるときつねとうさぎはかわうその、人間に親切にすると人間に生まれ変わることが出来ると言うはなしを信じ、倒れているおじいさんに親切にします。それぞれ一生懸命ご馳走しますが、うさぎは思い悩んだ末、自分のからだを差し出すのです。たき火に飛び込んだ時、子供達はびっくりしていました。うさぎはどうなったの? 死んじゃったの?と、さるやきつねやかわうそと同じように心配そうにしたのがとても印象的でした。心をうたれたお釈迦様(おじいさん)はこのうさぎを月に住まわせるというお話しです。今年からはやさしいうさぎの話を思い出しながらお月見をしてくれるかもしれません。このお話しを知ってからの私がそうです。

    掲載日:2008/10/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「月へいったうさぎ 九月」のみんなの声を見る

「月へいったうさぎ 九月」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット