宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ねこのピート クリスマスをとどけよう」 レイラさんの声

ねこのピート クリスマスをとどけよう 作:エリック・リトウィン
絵:ジェームス・ディーン
訳:大友 剛
文字画:長谷川 義史
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2018年10月29日
ISBN:9784865491609
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,615
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • とどけよう♪

    『Pete the Cat Saves Christmas』が原題。
    ねこのピートが、風邪をひいたサンタさんのかわりにプレゼントを届けるストーリー。
    歌とおはなしのコラボもする作者ならでは、簡単な歌も繰り返され、
    物語を盛り立てます。
    ちゃんとHPで聞くこともできますので、
    しっかりと仕込んで、小学校のおはなし会で読みました。
    ちょっと冷めた感じの造形のピートですが、
    ストーリー展開が、内面の使命感を盛り立てていて、
    とても素敵です。
    プレゼントを配る子のリスト、いっぱい書かれてあってワクワクしますね。
    日本語版の文字画は、長谷川義史さん。
    手書きの温かさと軽快さを内包した丁寧な字に好感が持てました。
    力強いストーリーに、拍手!
    幼稚園児くらいからでしょうか。

    投稿日:2018/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ねこのピート クリスマスをとどけよう」のみんなの声を見る

「ねこのピート クリスマスをとどけよう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット