話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

宇宙のすがたを科学する」 Tamiさんの声

宇宙のすがたを科学する 著:ギヨーム・デュプラ
訳:渡辺 滋人
出版社:創元社
本体価格:\2,800+税
発行日:2018年11月18日
ISBN:9784422760650
評価スコア 4.41
評価ランキング 10,898
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く
  • 息子の興味のど真ん中。 受賞レビュー

    小3の息子が、最近一番面白かったと言って、
    今年の夏は、「地球の形を哲学する」で読書感想文を書きました。
    感想を要約すると、
    「昔の人は地球は平面で、亀や象の上に乗っていると考えていたなんて、なんて無知なんだろうと最初は笑ってしまった。
    自分は、図鑑やテレビや衛星写真などで地球が球体だと知っているけど、それは科学者が何千年もかけて研究してきた結果を教えてもらっているからであり、それがなければ自分も昔の人と同じように考えたのではないか。
    じゃあ宇宙の形だったらどうなんだ。
    自分は将来宇宙を研究する学者になりたい」
    と書いたのです。
    そしたら宇宙の形を考える本が出たのです。
    まさに息子の興味のど真ん中の本です。

    息子に読ませる前に、まずは私が読みました。
    まず思ったのは、
    自分は宇宙の形を考えようと思ったことは、過去一度もなかったということ。
    凡人には、到底不可能に思える行為で、端から放棄していたのです。
    でも、昔からいたのですね。
    宇宙の形を考えてきたすごい人たちが。
    地球は、現在、その姿が当たり前のようにわかっている。
    でも、目で見ることのできない宇宙の姿を考えるという作業がいかにたいへんか、よくわかりました。
    大人にはただひたすらに難しい。
    目で見ることのできないものを、よくここまで研究したものだと感動します。
    息子はどんな感想をもつのかな。
    見た目も素敵で、ちょっと値も張る本なので、クリスマスプレゼントにします。
    子どもの感想を聞くのが今から楽しみです。

    投稿日:2018/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「宇宙のすがたを科学する」のみんなの声を見る

「宇宙のすがたを科学する」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ちいさなあなたへ / いいこってどんなこ? / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット