もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

そらはあおくて」 てんぐざるさんの声

そらはあおくて 文:シャーロット・ゾロトウ
訳:なかがわ ちひろ
絵:杉浦 さやか
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2018年10月
ISBN:9784751528457
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,757
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く
  • 「たいせつなことはすこしもかわっていない」

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    ナビで取り上げている杉浦さやかさんのインタビューを読んで、すぐ探してきました。
    本を開いたとき、
    「このこ、おかあさんなの?」
    という、導入の一言でこちら(読み手)の心をつかまれました。
    こちら側(読み手側)からははっきり見えないアルバムの角度が憎い!『え〜、どれどれ、どんな写真なの?』と、気になるじゃないですか。
    すると次のページには大きくその写真が描かれているんです。
    杉浦さんのインタビューには、各時代の背景描写にとても気を使われたと書かれていました。
    気になって、それぞれの時代のページを何度もめくって読んでしまいました。
    なるほど、それぞれのお店の作りや、あかあさん・おばあちゃん、そのまたおばあちゃんたちが時代と思にちょっとずつ違うところが面白かったです。

    この本で一番気に入ったところは、

    「おかあさんのこどものころって、いまとなんだかちがうのね」という女の子の問いに対して、
    おかあさんが「そんなことないわ。たいせつなことはすこしもかわっていない。そらはあおくて、くさはみどり。……」と答えるやり取りのシーンです。
    なんだか心がほっとなりました。
    遠目は聞くと思いますし、本のテキスト(字)もとても読みやすい大きさと太さです。
    でも、どちらかというと何度も読み返して見比べて見てほしいので、読み聞かせで使うより、ブックトークなどで紹介して、各自で読んでもらうほうがいいかなと、思いました。

    投稿日:2019/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「そらはあおくて」のみんなの声を見る

「そらはあおくて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

のせてのせて100かいだてのバス / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おいし〜い
    おいし〜いの試し読みができます!
    おいし〜い
    作:石津 ちひろ 絵:くわざわ ゆうこ 出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
    おいしいものはうれしい! 累計発行部数30万部超えの人気シリーズ第2巻!


絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット