よるのわがしやさん よるのわがしやさん よるのわがしやさんの試し読みができます!
文: 穂高 順也 絵: 青山 友美  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
和菓子屋の5人(個?)の和菓子たちが、洋菓子屋をていさつに!?
しいら☆さん 50代・その他の方

和菓子と洋菓子の素敵な出逢い!
青野さんの絵だ! 全ページためしよみ…

クリスマスのまえのばん」 レイラさんの声

クリスマスのまえのばん 作:クレメント・C・ムーア
絵:ジェシー・W.スミス
訳:ごとうみやこ
出版社:新世研
本体価格:\1,600+税
発行日:2001年
ISBN:9784880120768
評価スコア 4
評価ランキング 20,474
みんなの声 総数 5
「クリスマスのまえのばん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 原詩と対比して

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    ムーアが1823年に新聞に投稿したクリスマス詩、
    『A Visit from St. Nicholas』(後に『The night Before Christmas』)。
    その後いろいろな絵で絵本化され、和訳もいろいろなバージョンがあるだけに、
    英語の原詩も一緒に掲載してあるこの絵本はありがたかったです。
    スミスの絵も1912年のものとかで、当時の雰囲気をよく伝えている、
    と言われています。
    だから、サンタさんも赤ではなく、黒い毛皮姿だそうです。
    クリスマスの前の晩、サンタさんをお待ちかねの家に、
    サンタさんがやってきます。
    就寝中のお父さんが物音に起き出し、その仕事ぶりを目撃します。
    お父さんが目撃したんだから、存在は間違いない!という
    メッセージも感じました。
    まさしく元祖サンタさんの風貌です。
    表記も「St. Nicholas」ですしね。
    トナカイさんに名前があるのも新鮮です。

    掲載日:2006/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クリスマスのまえのばん」のみんなの声を見る

「クリスマスのまえのばん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット