宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ねこのずかん」 Tamiさんの声

ねこのずかん 作:大森 裕子
監修:今泉 忠明
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2019年04月17日
ISBN:9784592762416
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,194
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • ねこを知る第一歩。

    庭にノラネコが数匹きて、毎日餌をやっています。
    飼い猫ではないけれど、名前もつけてかわいがっています。
    餌をやるときにしっぽをピンと立ててやってきます。
    この本によると「だいすき」とのこと。
    家族みんなでほっこりしました。
    この間生まれたと思った猫がもう交尾してたり、
    成長過程も気になっていたのですが、
    そういったこともこの本でわかります。
    生後半年でもう子どもが産める体になっているとは。
    知らないことが多かったので、役に立ちました。
    猫の種類や体の特徴、仲良くなるにはなんてことがいろいろ書いてあります。
    絵もリアルで、とてもかわいいです。

    投稿日:2019/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ねこのずかん」のみんなの声を見る

「ねこのずかん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット