ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし」 てんぐざるさんの声

たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし 作:ステイシー・マカナルティー
絵:スティービー ルイス
訳:千葉 茂樹
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2019年04月10日
ISBN:9784097268246
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,429
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 「ちきゅう」「つき」「たいよう」のシリーズの1冊、「たいよう」です。
    星々の特徴や性質、地球との関係などを、本当にわかりやすい言葉と絵で表現してくれているシリーズだと思います。
    大切なことを抑えつつ、

    そう ぼくは ほし。スターだよ。
    スターって いうのは、
    @こうせい。……(説明があって)
    Aとっても さいよう ゆたかな にんきもの。
    ぼくは どっちにも あてはまるね。
    など、親しみやすい雰囲気を作ってくれる科学絵本です。

    ほかにも、太陽がどういう星(恒星)であるかや、地球にどのような影響を与えているかやほかの構成の仲間を紹介してくれたりもしています。

    特に好きなシーンは、
    ひので ゆうやけ きたのオーロラ みなみのオーロラのところ。
    北と南ではオーロラの見え方って違ってたんですね。知らなかったです。

    大切なことの見せ方がとても上手な上に、表現の仕方が分かりやすいので、小学校2,3年生くらいから楽しめそうです。
    絵文字も大きいので、読み聞かせにもお薦めです。

    投稿日:2019/12/28

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし」のみんなの声を見る

「たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット