話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

あかいふうせん」 ガーリャさんの声

あかいふうせん 作:ラモリス
絵:いわさき ちひろ
訳:岸田 衿子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1968年
ISBN:9784033040707
評価スコア 4.3
評価ランキング 20,011
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く
  • 風船も絵本も大好き

    娘のおもちゃ箱を整理していたとき、しぼんだ風船もいっしょに捨てることにしました。娘も納得したものと思っていたのですが、数日経った夜、布団の中で、「ふうせんさん、ごみトラックに連れて行かれちゃうの?」と、大泣き。娘が泣きつかれて寝入ったあとで、クローゼットの中から、この絵本を引っ張り出してきて、そっと娘の部屋に置いておきました。・・・パパがもう1度膨らませてくれた風船といっしょに。
    この絵本は、「赤い風船」というフランス映画が元になっていたのですね。あとがきには、「いわさきちひろさんの熱意と希望によって生まれました」と、書かれていました。娘の部屋にも、誕生以来ずっといわさきさんのいろんな絵を飾ってありますが、この絵本は、特別、いわさきさんの思い入れが伝わってくるような素晴らしい絵です。男の子の表情はもちろんのこと、あかいふうせんも生きているように見えます。娘も、夢中になって、お話を聞きながら、絵に見入っていました。娘が最も好きなのは、最後のページで、主人公のパスカルが色とりどりの風船といっしょに空に舞い上がっていく絵。娘は、「いいな。Jは重いから、飛べないよ。でも、かごのついた風船(気球)なら、きっと飛べるよね!」と、夢を膨らませていました。岸田衿子さんが、あとがきの最後に書いているように、子どもは本当に風船も絵本も、どちらも大好きなんですね!

    投稿日:2008/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あかいふうせん」のみんなの声を見る

「あかいふうせん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット