話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

ながーいはなでなにするの?」 てんぐざるさんの声

ながーいはなでなにするの? 作:齋藤 槙
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2019年05月20日
ISBN:9784834084412
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,819
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く
  • ちゃんと見ていれば、「ゾウ」の鼻の役割がわかります。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子24歳、女の子19歳

    本屋さんで一目ぼれして、速攻購入してしまいました。
    すごくかわいくてよかったです。
    齋藤さんの前作が、「ペンギンたいそう」も大好きで、よく子どもたちに読んでいますが、これはまた違った味わいがあって、暖かくてよかったです。
    ゾウの母子の、表情ややりとりがほほえましくて、ほのぼのしてるんです。
    しかも、この絵本をちゃんと見ていれば、ゾウの「鼻」が、生活の中でどんな役割をしているのかもわかっちゃうんです。すごくないですか?
    齋藤さんの、描き方の目の付け所がすごいなぁと、思ったのは、最後の方で、ゾウの母子が木の枝で鼻を休めるシーンです。
    動物園などで見た像の姿を思い起こしてみると、そういえば、そんなことをしているゾウもいたなと、思い出しました。
    疲れた鼻を休ませていたんですね〜。
    「へぇー」です。よく考えれば当たり前のかもしれませんが、こういうところまで描いてくれている。いいなぁと思いました。
    3.4歳くらいから小学校低学年くらいのお子さんたちにお薦めしたいです。

    投稿日:2019/06/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ながーいはなでなにするの?」のみんなの声を見る

「ながーいはなでなにするの?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / いないいないばあ / おだんごぱん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット