こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

こんにちは、ばいばい」 twinkさんの声

こんにちは、ばいばい 作:サトシン
絵:北村 裕花
出版社:神宮館
本体価格:\1,300+税
発行日:2019年05月
ISBN:9784860765835
評価スコア 4.38
評価ランキング 11,312
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く
  • ママの姿勢がいい。

    ママとぼくがいつものおきまりの散歩にでかけ、色々な動物と遊びます。ぼくもものすごく楽しみにしていますが、動物たちも楽しみ。動物たちは早くぼくと遊びたいのに、前の動物がぼくと遊び終わったのを見計らって出てきます。順番を守る、というルールが暗喩されている感じが気持ちいい。そしてママ。一緒にいて何も言いません。見守っている安心感だけがあり、ぼくは自由になれます。ひとりだと、こんな感じにはなれません。ママの姿勢に感服。しあわせ溢れる絵本です。

    投稿日:2019/09/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こんにちは、ばいばい」のみんなの声を見る

「こんにちは、ばいばい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / だめよ、デイビッド! / おじいちゃんがおばけになったわけ / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット