話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

望みがかなう 魔法の日記」 しいら☆さんの声

望みがかなう 魔法の日記 著:本田 有明
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2019年06月11日
ISBN:9784569788708
評価スコア 3.5
評価ランキング 41,245
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 竜也くんの目覚ましい成長!

    『願いがかなうふしぎな日記』の続編
    と、いっても、主人公が友達に
    スライドしています

    今度は「魔法」???

    保育園では伸び伸びできたことが
    ど〜も、学校になると
    「成績」という枠組みで
    人間性まで否定されちゃうような・・・
    努力しても、あの子には勝てない
    とか
    勝ち負けじゃないと思うのですが
    友達との間に優越を付けてしまう感覚とか
    自己肯定感が持てないとか

    それと、まだ成長過程で
    面倒臭いことしないで
    「こうだったらなぁ〜」「こういうふうにできたら」という
    希望というか、願望というか
    魔法が使えたら・・・とか
    楽にできるようなーという妄想(笑 といいますか

    誰しもが考えることかと思います
    そこをうまくつかんで
    小学5,6年生の心理をついているなぁ〜と
    思った作品です

    男友達、女の子の友達、姉弟、おじいちゃんとの交流・・・

    あこがれ、真似、友達に笑われても・・・そして、気づき

    主人公の竜也くんは「努力」は「ださい」と思っています
    でも、運動や勉強のできる子に対して
    羨ましいというか、ねたみというか
    そちらの気持ちのほうが強いように思われます
    「ださい」と思われている「努力」という気づきも
    具体的な場面で、なるほど〜と思わせてくれます

    竜也くんの成長の様子が、読むほどにわかって
    読み手のほうもうれしくなって
    勇気をもらえる のかもしれません

    投稿日:2020/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「望みがかなう 魔法の日記」のみんなの声を見る

「望みがかなう 魔法の日記」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット