らくごえほん ばしょうさんとかっぱ」 渡辺諦さんの声

らくごえほん ばしょうさんとかっぱ 作:桂 文我
絵:いのぐち まお
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2019年06月13日
ISBN:9784097253013
評価スコア 4
評価ランキング 29,300
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 古典と現代が合体した新鮮さ。

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    松尾芭蕉は有名人なので、あちこちで歓待を受ける。それをみたカッパは、芭蕉に化けて自分もご馳走にあずかろうと思ったが…

    落語を聞いているとよく聞くような俳句ネタ。うっかりしていると聞き飛ばしている時もあるが、絵にしてみると本当に馬鹿馬鹿しい。耳できくユーモアが目で見る形に変換されるから、落語や古典の知識がなくても十分に楽しみ、味わえて便利だ。
    芭蕉さんの有名な俳句を絵で表現したところは、素敵なイメージが立ち上がる。ユーモアとメルヘン、とんちが混ざったような独自の世界観が面白い。

    松尾芭蕉、落語、カッパという言葉からして思い浮かぶイメージをよい意味で裏切る現代的な絵。漫画風のキャラクターは現代っ子向けで、愛らしい。昭和生まれでゲゲゲの鬼太郎で妖怪を知った私は、カッパというとおどろおどろしい印象が強いので、この絵本のようなかわいくて、せこくて、おバカさんのキャラクターだとちょっと肩透かしをくったような気持ちになる。だが、落語なので、ここは与太郎系の登場人物、ということで納得してみる。

    このカッパは、大した悪さもせず、単にセコイだけなので全然怖くない。昔話や民話の河童はもっとアグレッシブに悪さ(というより犯罪)をして、人や馬を川に引きずり込んだり、尻子玉を取ったりして怖かった。カッパも時代とともに、ずいぶん物分かりがよくなり、となしくなり、小物になった。平和になった、ということだろうか。そのうち飼いやすいペットとして登場しそうだ。

    投稿日:2020/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「らくごえほん ばしょうさんとかっぱ」のみんなの声を見る

「らくごえほん ばしょうさんとかっぱ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット