宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

こくん」 押し寿司さんの声

こくん 作:村中 李衣
絵:石川 えりこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2019年06月20日
ISBN:9784494016310
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,242
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 涙が止まりません

    ちさとちゃんの気持ちが、孫の気持ちを代弁しているようでした。

    孫も今は、車いすをつかうけれど、歩行器だったなあと懐かしかっ

    たです。しゅんくんが、ちさとちゃんを優しく見守っている姿が印象

    に残りました。滑り台のてっぺんで、みさとちゃんの体を支えて

    くれてる両手や、滑り台を滑るちさとちゃんが、満願の笑顔に

    対して、しゅんくんの真剣な眼差しがとても心強く思いました。

    力強い味方のしゅんくんのいるんだと、泣けて涙はとまりません

    でした。

    投稿日:2019/09/29

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こくん」のみんなの声を見る

「こくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 2
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3

全ページためしよみ
年齢別絵本セット