いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本

ロバのシルベスターとまほうの小石」 夏の雨さんの声

ロバのシルベスターとまほうの小石 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:せた ていじ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784566008359
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,849
みんなの声 総数 84
  • この絵本のレビューを書く
  • 人生について知るということ

     アメリカに「コールデコット賞」という有名な絵本の賞があります。
     これは、アメリカ図書館協会が,アメリカで出版された絵本の中でその年のもっともすぐれた作品に贈る賞で、1937年に創設されています。
     賞の名前は,19世紀の絵本画家,ランドルフ・J・コールデコットからとられています。
     ウィリアム・スタイグ作のこの絵本は1970年にコールデコット賞を受賞しています。
     受賞の際のスタイグさんのスピーチが巻末に収められています。
     そのスピーチの中でスタイグさんはこんなことを話されています。
     「児童文学をふくむ芸術は(中略)謎を謎としたままで人生について知ることを助けてくれます。(中略)そして不思議だと思うことは、人生に敬意を払うことにつながります」と。

     絵本の主人公は、変わった色の小石をあつめるのが大好きなロバのシルベスターくん。
     ある日、彼は小さな、魔法の小石を見つけるのですが、まちがって、自分が石になる魔法をかけてしまいます。
     家に帰らないシルベスターくんを心配してお父さんもお母さんも、村の動物たちも一生懸命探すのですが、まさかシルベスターくんが小石になっていると思いませんから、見つけることができません。
     季節がめぐって、新しい春になりました。シルベスターくんの両親は悲しみから抜け出そうと、ピクニックにでかけます。
     そこには小石にかわったシルベスターくんがいます。
     さあ、お父さんお母さんはシルベスターくんに会えるでしょうか。

     絵本にはどんな魔法もありません。
     最後に誰もがよかったと思えることこそが大事なことではないでしょうか。
     スタイグさんはそんなことを描きたかったような気がします。

    投稿日:2019/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ロバのシルベスターとまほうの小石」のみんなの声を見る

「ロバのシルベスターとまほうの小石」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / からすのパンやさん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

みんなの声(84人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット