ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
アップステージ

アップステージ(評論社)

ユーモアたっぷりの青春物語!

  • 盛り上がる

タヌキのきょうしつ」 やこちんさんの声

タヌキのきょうしつ 作:山下 明生
絵:長谷川 義史
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,210
発行日:2019年07月10日
ISBN:9784251005533
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,584
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く
  • なんかひっかかる・・

    タヌキたちも人間たちと同じように勉強し
    人間とタヌキの交流もあり・・という
    とってもほほえましい、前半のお話から
    後半は、戦争に、タヌキたちも巻き込まれていく悲しいお話に・・。
    最後は戦後の復興に、タヌキの子孫たちも、
    「ご相伴」にあずかれて・・。

    可愛く楽しく、でも、戦争の悲惨さも忘れないで・・と
    少々盛りだくさんな気がします。

    そしてなにより気になるのが
    8月15日に関する記載。

    「日本の国が、世界中に謝って、戦争が終わった」
    そうです。

    たしかに敗戦国だから、そうなのかなぁ・・。
    子どものころ「日本は悪いことをしたから、原爆を落とされても仕方なかったのだ」と学校で習いました。
    でも、戦争に至る経緯なんかは、
    日本には日本の言い分もあったのだと、
    自分で調べて知りました。

    あの小学校の先生が言っていたことは
    偏った自虐史だったのだなぁと、結論付けている私にとっては、
    この一文は、ちょっと気になりました。

    きっともう読まないでしょう。

    投稿日:2022/08/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「タヌキのきょうしつ」のみんなの声を見る

「タヌキのきょうしつ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 白髪の国のアリス
    白髪の国のアリスの試し読みができます!
    白髪の国のアリス
    出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    人生は、アリスのような冒険の連続! 気楽に楽しもう、セツコ先生のイラスト&エッセイ


ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット