なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

あしたのための本(2) 独裁政治とは?」 てんちゃん文庫さんの声

あしたのための本(2) 独裁政治とは? 作:プランテルグループ
絵:ミケル・カサル
訳:宇野 和美
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2019年07月
ISBN:9784251014320
評価スコア 4
評価ランキング 27,005
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 独裁制を考える

    民主主義の社会では相対的に「悪」とされる独裁政治。民主化を達成した当時のスペインの立場からすると当然の、絶対的な悪として描かれる独裁者。
    独裁政治とはどんなものか、その危険性とはといったことが分かりやすく描かれています。
    そこかしこで犯罪行為何でもありの、まだ社会が成熟していない古代社会では、独裁制に似た専制政治は社会の秩序を守るものとして機能していたこともあったでしょう。
    しかし、市民として自由を求め、人々は民主主義を勝ち取ってきた。その大切な権利を決して手放してはいけないという気概が感じられる絵本です。

    このシリーズ全てに、巻末コラムがついていますが、本書のコラムは編集後記と共に、本文の内容を見事に補完してくれています。

    見返しの独裁者たちの似顔絵、かなりデフォルメされているのにそっくり!というところも見所です。

    投稿日:2019/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あしたのための本(2) 独裁政治とは?」のみんなの声を見る

「あしたのための本(2) 独裁政治とは?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

にじいろのさかな / とこちゃんはどこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット