虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

どんくまさんの パン」 ムスカンさんの声

どんくまさんの パン 作:蔵冨 千鶴子
絵:柿本 幸造
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1981年
ISBN:9784783401148
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,726
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く
  • 娘はどんくまさん、私はパン屋のうさぎのおじさん

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。

    普段からピザ生地を練ったりするのが大好きな娘は、
    どんくまさんがパン屋の納屋で一晩を過ごすという
    シチュエーションに大喜び!

    娘の期待通り、翌朝からパンを作ることになったどんくまさん。
    うさぎの子供たちも加わって、ワイワイといろんなパンを製作する姿は
    本当に楽しそうです。

    が、戻ってきたパン屋のうさぎおじさんに叱られたどんくまチーム。
    私がうさぎおじさんでもこうするわ。
    とふと横を見ると、娘は、わが子とのように、ガッカリしています。

    我が家でも見に覚えが大アリですが、
    子供たちが夢中になってる楽しいことは、多くの場合、
    オトナに怒られるもんです。
    いろんなパンをせっせと作るどんくまチームと、
    ハサミで折り紙を手当たり次第に切って「蕎麦作った!」とか言ってる
    娘の姿が、頭の中で重なった瞬間でした。

    その後機嫌をとりなおしたウサギのおじさんの発言に、
    「うん、うん、そうだよ」と深く頷きながら読んでいた娘。

    なんだか私の方が反省させられる雲行きのストーリーです。。。

    どんくまさんとは初対面の私と娘ですが、
    楽しいことを楽しめるどんくまさんのまっすぐな性格が
    とっても好きになりました。
    子供のまっすぐで素直な心が、どんくまさんになって、
    現れているようでもあります。
    私にとっては、娘が「どんくまさん」のうちは、
    できるだけ広い心で接するよう心がけようと
    思わされた一冊でした。

    投稿日:2015/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「どんくまさんの パン」のみんなの声を見る

「どんくまさんの パン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

チリとチリリ ゆきのひのおはなし / プリンちゃんとブラウニーとうさん / どうぞのいす / いいこってどんなこ? / おつきさまこんばんは / キャベツくん / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / いないいないばあ / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット