宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

アラジンと魔法のランプ」 金のりんごさんの声

アラジンと魔法のランプ 作・絵:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1994
ISBN:9784772101219
評価スコア 3.86
評価ランキング 34,552
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • 嫌いな主人公も馬場さんのおかげで許せます

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    のほほんとした画風の馬場のぼるさんが、どんなアラジンの世界を描いてくれるのかと楽しみで借りてきました。
    お話は面白いのですが、文章量が多いので、読み聞かせには時間がかかります。我が家でも躊躇しているうちに、子ども達に読む機会を逃してしまいました。残念です。

    というわけで、私だけの感想ですが、実は私はアラジンが嫌いなのです。なんにもしないでランプや指輪をこすっているだけのオトコなので。おまけに欲だけはあるので、読んでると腹がたってきます。お姫様と結婚したかったら、もっと自発的に行動して、自分を磨きなさい!
    むしろ悪役の魔術師の方が、頑張っていて好感が持てるほどです。
    ディズニー映画では、そんなことでは子ども達に見せるのに良くないと思ったのか、なかなか働き者のアラジンになっていますけれど。

    この本でも、アラジンのグータラ振りは変わりませんが、のほほんとした絵のせいか、さほど腹はたちませんでした。
    もともと内容的には、ランプの精、指輪の精、魔術師、王さまとお姫様、豪華絢爛な御殿など、面白い要素がてんこ盛りですし、スケールの大きさは天下一品なので、主人公に腹さえたたなければ、どっぷりとこの世界に入り込んでしまいます。
    またこの本は、語り口がとても面白い。アラビアンナイトのお話なのに、ちょっと講談風になっていて、日本の『アラジンと魔法のランプ』になっています。
    長いのでくたびれるかもしれませんが、声に出して読んでみると楽しさが倍増するような気がします。

    投稿日:2006/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「アラジンと魔法のランプ」のみんなの声を見る

「アラジンと魔法のランプ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット