虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

おぞましいりゅう」 ジュンイチさんの声

おぞましいりゅう 作:デイヴィッド・ウィーズナー キム・カーン
絵:デイヴィッド・ウィーズナー
訳:江國 香織
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784776402039
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,275
みんなの声 総数 16
「おぞましいりゅう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 正統派のファンタジー

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    デイヴィッド・ウィーズナーは、1956年米国ニュージャージー州生まれ。
    「かようびのよる」1992年、「3びきのこぶたたち」2002年、「漂流物」2007年でコールデコット賞を、「フリーフォール」1989年、「セクター7」2000年でコールデコット賞オナー賞受賞という超実力者。
    精緻な絵、練られたストーリーに加えて、ユーモア溢れる仕掛けもあり、何度読んでも飽きることのない作品ばかりで、我家でも大人気の作家です。

    今回の作品は、1987年発刊で邦訳は2006年。
    夫婦初めての共作絵本となっています。

    物語は、再話となっており、元は18世紀のイギリスの民間伝承の物語詩。
    話は、正に正統派のファンタジー物語なので、いつものウィーズナーならではの作品を期待した向きには、肩透かしかも知れません。
    でも、ウィーズナーが作品にすると選択しただけあって、展開自体が楽しめるもので、その冒険活劇に夢中になれるお子さんは多いはず。
    描かれた絵は、どれも、見応えのあるものばかりで、中世の世界に誘ってくれること間違いありません。
    魔法使いの部屋の妖艶さなんて、唸るしかありません。
    ただ、おぞましいりゅうという邦訳ですが、見た目はとても綺麗な龍として描かれています。
    おぞましいと言うと、見た目のことかと思うのですが、忌まわしいというような意味あいが近い気がしました。

    正統派ファンタジーの魅力に、ウィーズナーの絵という絶妙な組合せを堪能できる作品です。
    読み聞かせも勿論、小学校低学年のお子さんが自分で読むのも良いと思います。

    投稿日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おぞましいりゅう」のみんなの声を見る

「おぞましいりゅう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その8

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット