季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

ふゆのはなさいた」 夏の雨さんの声

ふゆのはなさいた 文:安東 みきえ
絵:吉田 尚令
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2019年11月22日
ISBN:9784752009092
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,786
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く
  •  「冬枯(ふゆがれ)」は、俳句の冬の季語。「冬が深まり木や草が枯れはて、野山が枯一色となって蕭条たる光景」と『歳時記』にあります。
     「鳥うせて烟のごとく木の枯るる」(富澤赤黄男)のように、植物だけでなく動物たちの姿も消えるさまを詠んだ句もあれば、そんな中にも命の営みを詠んだ「枯れきつて育む命ありにけり」(西宮舞)といった句もあります。
     安東みきえさんのこの絵本は、まさにこの二つの句が合わさったような作品です。
     冬枯れだからこそ、見事に咲く花(どんな花でしょうか)を堪能できる、そんな絵本です。

     登場するのは、初めての冬を迎えたこねずみです。
     池のそばで泣いています。と、池から顔を出したのは一匹の金魚。
     「なくのはきらい」と、こねずみに声をかけます。
     こねずみは金魚に泣いている訳を話します。
     せっかく友だちになったつばめやヤマネが冬になっていなくなって「ひとりぼっち」になったと泣いていたのです。
     そして、「花も咲いていないから」とまた泣くのです。
     金魚は自分が友だちになると約束します。
     金魚もまた最近この池に捨てられて、仲間たちとなかなかなじめなかったのです。
     次の朝、雪が降りました。
     白い花のような雪を見て、こねずみは大喜び。さっそく友だちになった池の金魚に会いにいきますが、池は一面凍っていて、金魚 に会えません。
     池の中からこねずみのことを見ていた金魚も焦ります。
     その時です。池の中でひとりぼっちだと思っていた金魚の仲間たちが集まってきます。

     吉田尚令さんの見事な絵に、きっとあなたも心打たれるでしょう。

    投稿日:2021/01/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ふゆのはなさいた」のみんなの声を見る

「ふゆのはなさいた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / もったいないばあさん / おじいちゃんがおばけになったわけ / もこ もこもこ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット