話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

アローハンと羊」 てんぐざるさんの声

アローハンと羊 作:興安
文・解説:蓮見 治雄
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784772101851
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,421
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く
  • 水墨画で書かれたモンゴルの物語

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子7歳

    モンゴルを舞台にした物語というと「スーホの白い馬」ですよね?あれ以外で、モンゴルを舞台にした絵本を私は初めて読みました(「スーホ」も、教科書に載っていたから知っている話でしたし…)
    作者はモンゴルの方ですが、日本画に魅了されて、しばらく日本で美術の勉強をされたそうです。

    この絵本も、とても美しい水墨画で描かれています。遊牧民族の方たちの生活と苦労が、絵本から読み取れました。
    難しいことは何も書かれていません。ただ、自然の理が描かれている絵本でした。
    主人公のアローハンと、愛羊のホンゴルとの家族愛に近い友情も、温かく、美しく思いました。

    投稿日:2007/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「アローハンと羊」のみんなの声を見る

「アローハンと羊」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / からすのパンやさん / どうぞのいす / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼくの席がえ
    ぼくの席がえ
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    海くんのことは、まだよく知らないのに、席がえでとなりの席になって……。


カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット