話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

にげだしたライオン」 あまたろうさんの声

にげだしたライオン 作:ゲーテ
文:前川 康男
絵:田名網敬一
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784033031002
評価スコア 4.2
評価ランキング 20,626
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 少年とライオンを結ぶもの

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子7歳

    町にサーカスがやってきました。
    サーカス一の人気者・ライオンは、猛獣使いのむちで自由自在に動きます。飛んだり、火の輪をくぐったり。
    曲芸が終わると、ライオンは、少年の笛の音に、ごろりと寝転び目を閉じます。
    そんなある日の夜、サーカスが火事になり、動物たちが逃げ出して…。

    ゲーテの短編を絵本にしたもののようです。
    端的で詩的な文章と、異国情緒の漂う挿絵で、構成されています。
    逃げ出したライオンは、猛獣使いにも、やりを持った若者にも、猟師にも猟犬にも屈しません。
    ライオンの心を唯一捉えた、少年の笛の音。その意味を、考えさせられました。
    少年だけが持っていた大事なもの、それはライオンへの愛情だったのでしょうね。そしてそれは、ライオンが最も欲していたものだったのでしょう。どこか、子育てにも通じるお話だなと思いました。

    投稿日:2007/02/19

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「にげだしたライオン」のみんなの声を見る

「にげだしたライオン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / おおきなかぶ / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット