話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ないた赤おに」 つくしとゆうちゃんのははさんの声

ないた赤おに 作:浜田 廣介
絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2005年05月
ISBN:9784323038827
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,125
みんなの声 総数 23
「ないた赤おに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 無償の愛とは・・・

    いもうようこさんの絵という事で惹かれ、購入しました。
    紹介文の中に「無償の愛」という言葉がありました。
    何の見返りもいらない ただひたすらな愛
    我が子を育てる中で、私にも無償の愛が存在します。
    けれど「無償の愛」の本質はとても深いと思いました。
    「ひとりぼっちのばけものといしのうさぎ」でも私は無償の愛を感じ、その部分に心打たれましたが
    この青おにさんの行動は、それとはちょっと違いました。
    青おにさんは確かに大好きな友達赤おにさんの為に
    一役かって悪者になり、結果赤おにさんは村人と友達になりました。
    青おにさんのひたすらな優しさのおかげで、赤おにさんは人間の友達ができ、楽しく暮らします。
    けれど、赤おにさんの心の中には決して消えない深い深い言いようの無い悲しみが生まれました。
    それは心から楽しめなくなるように影を落とす。
    心から笑えなくなるようなせつない記憶。
    青おにさんは赤おにさんの前から消える事によって、赤おにさんの心に一生大きな存在として居続けるのです。
    でも、青おにさんはそんな事を期待してやったわけではなく
    本当に赤おにさんの役に立ちたくて無心でやったのだと思います。ただ結果、無償にはならなかったのでは・・・
    「無償の愛」とは、相手に気付かれぬまま、我が心の中で始まり完結する・・・という事なのだと、読み終えて感じました。私は我が子を愛するあまり、時として犠牲的な「無償の愛」になってしまいます。それが子供にとっては必ずしも良い事とならないのだなと、そんな事を考えさせられました。
    勿論、しみました。
    でも題名通り、泣きました。
    寂しくて泣きました。

    投稿日:2007/04/02

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ないた赤おに」のみんなの声を見る

「ないた赤おに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット