話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ

もこ もこもこ」 くまの家族さんの声

もこ もこもこ 作:谷川 俊太郎
絵:元永 定正
出版社:文研出版 文研出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1977年04月
ISBN:9784580813953
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,285
みんなの声 総数 710
  • この絵本のレビューを書く
  • リピート回数最多絵本

    息子が1歳半になった時から、2歳になった時に集中して読みました。
    一度じゃ終わらない息子のリクエスト!
    5回くらい繰り返して読む事が 図書館で借りていた2週間ずっと毎日続いて また借りたいと何度も借りた息子のリクエスト回数最多の本です。

    言語関連の育児書でも、図書館でも何かとおススメに上がるこの絵本を初めて息子に読んだ時、

    タイトルからして シビれました。

    一番最初の「もこ」の「こ」は音が上がっていて
    少しだけ間が空いて 「もこもこ」っと続く感じ

    を文字の配列から、店舗の良いスピード感を感じます。

    ついつい大人目線で生きていると、論理的な目線になりがちですが、
    ママになる過程で 何の社会にも影響されていない赤ちゃんや小さな子供に向かって、
    言葉では言い尽くせない 感覚を表現して赤ちゃんと共鳴する事が できたらいいなの理想をサポートをしてくれるような1冊です。

    読み手へのヒントも文字の大きさなどのフォントから散りばめられつつ
    自然と感情を入れて読んでしまう本です。

    なんだかわらからないから、何にでも見えるし
    そしてダイナミックな感覚。

    理屈じゃなく、息子はかじりついて見ていました。何かの物体である絵を一つ一つ指さしながら凝視です。
    その指を追って 私がその近くにある文字を読むとゆう繰り返しの作業が息子の主導で何回も何回も続きます。

    また、パパが読んでみたり、読み手が変わると表現も変わるので
    味わい深い絵本です。
    パパと二人で、交互に文字を読んでいくのもすごくスピード感が増しておもしろかったのを覚えています。

    谷川俊太郎さんの他作品も今、息子はハマっています。
    さまざまな年齢の子供の感覚を表現できる作家さんだなといつも感じます。

    投稿日:2010/12/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「もこ もこもこ」のみんなの声を見る

「もこ もこもこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

じゃあじゃあびりびり / どうぶついろいろかくれんぼ / どうぞのいす / うまれてきてくれてありがとう / きんぎょがにげた / わたしのワンピース

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット