虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

うさバス」 minatsuさんの声

うさバス 作・絵:しおのやすし
出版社:新風舎
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784289001620
評価スコア 4.3
評価ランキング 15,975
みんなの声 総数 9
「うさバス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ほのぼのとします

    2歳10ヶ月の息子に読んでやりました。バスが好きなので読んでやりました。寝静まった真夜中(まるで歌のよう!)にうさぎのぬいぐるみが起きだして、バスの形の缶に乗り込んで家中をバスごっこするお話です。

    色鉛筆で書かれたようなとてもソフトなタッチで、一緒に同乗するのがペンギンのぬいぐるみ。ふたりでバスの缶に乗り、うさぎがこいのぼりの棒を使ってバスを漕ぎ出すところはなんともほのぼのします。みんなでバスごっこをしだして、最後に行き着いたところは、オーナーのときおくんの部屋。一人で寝たはずのベッドが朝になるとおもちゃだらけ、という閉め。おもちゃにも心のよりどころにしているものがあるんだーと思える瞬間でした。

    バスを運転するといっても、あまり男の子に特化した構成の本ではないので、女の子にも十分読んで楽しめる本です。むしろ、やさしい感じの本なので息子にはパンチがなかったかな?私は、おもちゃがみんなときおくんの部屋にいきたいという気持ちがちょっとうれしかったです。一人で寝られるようになっても、一緒に寝てほしいという子供の純粋な欲求を見たような気分で・・・。

    バスが好きな子はもちろんですが、女の子にも読んであげたい本です。動物やおもちゃ、水槽もいて、怖いことはありません。ぜひ、おもちゃの気持ちになって読んであげてほしいです。

    投稿日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「うさバス」のみんなの声を見る

「うさバス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット