新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

百まいのドレス」 夏の雨さんの声

百まいのドレス 作:エレナー・エスティス
絵:ルイス・スロボドキン
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:2006年
ISBN:9784001155792
評価スコア 4.79
評価ランキング 456
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • 石井桃子からの贈り物 

     児童文学者石井桃子さんは桃子と名付けられてだけあって、3月10日が誕生日です。
     1907年の生まれですから、生きておられたら110歳。しかし、石井さんは没後まだ10年にもなっていません。
     101歳まで生きられた女性です。
     しかも、いつまでもお元気でいらした。
     その成果のひとつが、この作品の改訳です。

     石井さんが最初にこの作品を訳されたのは1954年のことです。
     この時には『百まいのきもの』という題名でした。
     戦後まもない時期、まだドレスよりはきものの方が呼び方としてなじみがあったのでしょう。
     この時期の石井さんは「未来をになう若い人たちに、心の糧となるようなゆたかな文化を、ぜひとも伝えたい」と、さまざまな作品を求めていたといいます。
     そんな時に手にしたのが、この作品でした。

     この作品は現代風にいえば「いじめ」の問題を描いています。
     貧しい移民の娘ワンダに「ドレスを何枚持っているのか」とからかうクラスの同級生たち。そんな彼女たちに「百枚持っている」と答えるワンダ。
     そんなはずはないと、同級生のからかいは毎日続きます。
     ワンダの親はついにひっこしを決断します。
     転校していくワンダにからかったのはまちがいだったと悩む少女も出てきます。
     いじめにあっている人に何もしてあげられなくて悩む子どもたちもたくさんいます。

     こういう作品が1954年には読むことができたのも、石井桃子さんのような先人たちがたくさんいたからでしょう。
     でも、残念ながら、いじめはなくなりませんでした。どころか、もっと悪質になっていきました。
     石井さんはどんな気持ちで改訳の作業をされていたのでしょう。

     最後にこう記されています。
     「もうじき百歳の私から、若いみなさんに手渡すことができることを心からうれしく思っています」。

    投稿日:2017/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「百まいのドレス」のみんなの声を見る

「百まいのドレス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット