新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり

わすれられないおくりもの」 あんれいさんの声

わすれられないおくりもの 作・絵:スーザン・バーレイ
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1986年10月
ISBN:9784566002647
評価スコア 4.77
評価ランキング 619
みんなの声 総数 174
  • この絵本のレビューを書く
  • いつの日か、乗り越えられる

    初めて読んだときは、あまりにせつなくなり涙がこぼれました。
    私も、今までの人生で、いくつもの親しい人とのお別れを経験してきました。
    親しい人の「死」を受け入れていく過程が、自分の経験と重なってしまい、読みながら涙が止まりませんでした・・・。

    お話は、年を取ったアナグマさんが、静かに死を迎えるところから始まります。
    親しい年の若い友人達は、みなそれぞれアナグマさんの思い出をたくさん抱えていて、すごく悲しみます。
    でも、、、時が少しずつ悲しみを癒してくれるんですよね。
    そして、いつの日か、思い出を「宝物」として楽しく話せる日がくるんですよね。
    こうやって、人は、悲しみを受け入れて乗り越えていくんですね。

    息子は、まだ親しい人とのお別れを経験したことがありません。
    なので、今の段階でどこまでこの本の内容が実感できたかはわかりませんが・・・しんみりしていました。
    いつの日か、悲しい思いをしたときに、それを乗り越える力にするためにまた読んでもらいたい本です。

    投稿日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わすれられないおくりもの」のみんなの声を見る

「わすれられないおくりもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / てぶくろ / かいじゅうたちのいるところ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



3月の新刊&オススメ絵本情報

全ページためしよみ
年齢別絵本セット