クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

わすれられないおくりもの」 たっちママさんの声

わすれられないおくりもの 作・絵:スーザン・バーレイ
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1986年10月
ISBN:9784566002647
評価スコア 4.77
評価ランキング 569
みんなの声 総数 169
  • この絵本のレビューを書く
  • 怖さでなくメルヘンでなく温かな死の描き方

    • たっちママさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、女の子2歳

    息子が赤ちゃんの頃から持っている本です。
    本人が3歳の頃くらいに初めて読んで欲しがって、聞かせたと思いますが、きょとんとした印象で意味がわからないようでした。
    それ以降、あまり読んでということはなく・・・。
    5歳になった頃、時々持ってくるようになりました。
    まだ近しい人の死は経験していない息子ですが、人はいつか年老いて死ぬことをなんとなくわかってきたようで、お葬式に参列することもあり、だんだんとこの絵本の意味を理解している感じです。
    読んだ後、特に何も言ってきたことはありません。
    感動しいの息子ですが、読んだ後に泣いたこともありません。
    でも、この絵本を読むことで、好きな人、大切な物を慈しむ気持ちがじんわり培われてきている気がします。
    時々、死んでしまった昆虫の話をしては「恋しいなあ」なんて言ってます。
    どんな説明があったところで、何をしてみたところで、死は誰にとっても不安や恐怖と切り離しては考えられない大きな存在です。
    その死をどんな風に感じるか、死の前にある生きている世界は何なのか、そんなことにそれぞれが思いを馳せられる絵本のような気がします。
    怖さでなく、ごまかしでなく、メルヘンでもない、子どもでも大人でも誰でもが温かい気持ちで死を考えることができる気がしました。
    この本を読み聞かせて、黙ってお互い思いをはせる時間がとても大切な時間のように思ってます。

    投稿日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わすれられないおくりもの」のみんなの声を見る

「わすれられないおくりもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くっついた / ぐりとぐら / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット