こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

きつねとかわうそ」 金のりんごさんの声

きつねとかわうそ 再話・画:梶山 俊夫
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2016年03月01日
ISBN:9784834082241
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,083
みんなの声 総数 7
「きつねとかわうそ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • しっぽのつり

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    昔話の匂いがプンプンする絵本です。
    梶山俊夫さんは、現代における昔話の最高の作家の一人ではないでしょうか。
    「むかし あったてや」で始まる、きつねとかわうその知恵比べのお話。最初の一文で、もうその世界に引き込まれてしまいます。
    『しっぽのつり』という題名の方が、親しまれているかもしれません。
    かわうそをだまして、自分だけ得をしようとしたきつねが、最後には、まんまとかわうその計略に乗せられてしまい、とうとう尻尾をなくしてしまいます。
    ずるがしこい者は、結局最後に痛い目を見るのだという教訓があって、読んでいる方はスカッとします。
    7年前に、娘が幼稚園でもらってきた本ですが、当時は方言に馴染めず、何度も読んでと持ってくる本にはなりませんでした。
    でも、この方言が味があっていいんですけれどねぇ。

    投稿日:2007/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「きつねとかわうそ」のみんなの声を見る

「きつねとかわうそ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット